• イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
frame

房総、富津の味覚を存分にご堪能ください

江戸前のはかりめ(穴子)

「はかりめ」。富津では、あなごの事を
親しみを込めてこう呼びます。
そもそもこの呼び名は、点々と等間隔に並ぶ
測線をもつあなごのその姿に由来します。
富津はかりめの味は、煮ても、焼いても、揚げても、
刺身にしても、お菓子にしても「うんめぇ」の一言!
新鮮だからこそ提供できる「はかりめの刺身」は絶品!
まずはできたて、採れたてを、一口めしあがれ。

富津の青柳(アオヤギ)

関東でも有数のアオヤギ集積地が、私どもの
地元千葉県富津市です。千葉房総の郷土料理
として古くから「青柳のなめろう」を食べて
育ってきました。アジ・サンマ・イワシ等の
魚介をもとにした「なめろう」は、房総の
各地で見受けられますが貝の青柳を使った
「なめろう」は富津エリアならではのお料理。
是非召し上がって頂きたい逸品です。

漁港から仕入れる、新鮮な地魚

千葉県中西部の東京湾に面していて、房総半島から突き出た
富津岬がある富津市にあるひろ寿司では、漁港より仕入れた
新鮮な地魚を美味しく食べていただく為、店主自ら市場へ
出向き、季節折々の新鮮な魚を真心こめて調理いたします。
房総・富津沖で獲れる穴子(はかりめ)・青柳・活魚は絶品!
南房総へお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。